50代のダイエットを効果的に行なうために|イライラ解消でラク痩せ

中年の男女

ウォーキングとゴルフ

ぽっこりお腹

激しい運動をしてしまうと、50代の場合は続きませんし、何より怪我の危険性が出てきてしまいます。そのためウォーキングのような負担の少ない方法でダイエットをしましょう。あるいは健康食品でダイエットを試みる方法もあります。

もっと見る

ゼロカロリーの置き換え

3色のジュース

ゼロカロリーでお腹にもたまるこんにゃくは置き換えダイエットにおいて人気のある食材です。人気の影響を受けて米や麺も流通していて取り組みやすく、便秘解消によって美容効果も高いことがメリットとなっています。

もっと見る

プロテインの活用へ

果物と飲料

置き換えダイエットにプロテインを使用することが注目されています。不足しやすいタンパク質の補給ができることが人気の理由ですが、今後は筋トレとの併用も進むでしょう。それによって痩せるのを早めてリバウンドも防止できるようになるからです。

もっと見る

大豆の酵素で実現

体重を測る

更年期症状の緩和

50代になってダイエットをしたいと考えると、同時に問題になってくるのが更年期症状です。50代ともなると閉経が近づくことからその症状に悩まされていることも多く、ダイエットと更年期症状の両方のストレスに抗っていくことは容易なことではありません。そのときに役立つのが更年期症状を緩和するためのアプローチとダイエットのアプローチを同時に行っていくという考え方です。大豆を発酵させて作った酵素ドリンクによる置き換えダイエットは、50代女性にとって最良の方法となります。また、大豆や大豆に豊富に存在している酵母由来の酵素を摂取することで、新陳代謝を向上させます。そして、大豆イソフラボンを摂取することによって更年期症状にも対策ができるからです。

摂取量への注意

大豆の発酵を行って作った酵素ドリンクを使ってダイエットをする場合には、二つの観点から摂取量に注意しなければなりません。大豆を使用していることによって、大豆イソフラボンを摂取できます。しかし、その一日あたりの上限量が厚生労働省によって定められているため、他にも大豆食品をたくさん食べている場合には、控えていかなければならないのです。もう一つが50代になって基礎代謝の低下も大きくなっていることから、カロリー過多にならないようにするということです。置き換えダイエットをしても飲み過ぎてしまって、カロリー過多になってしまっては元も子もありません。砂糖を大量に使ってつくるシロップが原料になるため、その摂取量には注意が必要なのです。